酒類販売事業者対象
頑張る中小事業者月次支援金のご案内

この度、広島県では飲食店の休業・ 時間短縮営業等の影響を大きく受け、売上が減少している県内の酒類販売事業者の方々を対象に、
これまでの「頑張る中小事業者月次支援金」の制度に追加して支援します。

※すでに申請(給付)済の対象月分においては、上限拡大による差額分を給付します。
なお、減少した額によっては追加支援が受けられない場合があります。

給付対象や給付額がわかる早わかりチャートはこちら

早わかりチャート(PDF)

対象者

広島県内の酒類販売事業者

(県内に本社・本店のある 中小法人・個人事業者)

※酒類販売事業者とは、酒税法第7条に規定する酒類の製造免許又は、第9条に規定する酒類の販売業免許を受けているものとします。

申請期間

5月~9月分
2021年9月8日(水)~2021年11月30日(火)
10月分
2021年11月1日(月)~2022年1月7日(金)

郵送申請のみ、当日消印有効

酒類販売事業者対象の支援概要

【対象範囲拡大】 2か月連続で、売上減少率が15%以上30%未満の場合
【上限拡大】 売上減少率が70%以上の場合

給付額は、[2019年または2020年の対象月の売上][2021年の対象月の売上から算出します。

前年等と比較した売上の減少率 給付額
1事業者当たり
対象月
NEW 2か月連続で
15%以上30%未満
  • 中小法人 :上限20万円/月
  • 個人事業主:上限10万円/月
8月(7、8月が連続減少)
9月(8、9月が連続減少)
10月(9、10月が連続減少)
30%以上70%未満
  • 中小法人 :上限20万円/月
  • 個人事業主:上限10万円/月
5月~10月
70%以上 NEW
  • 中小法人 :上限40万円/月
  • 個人事業主:上限20万円/月
5月~10月
90%以上 NEW
  • 中小法人 :上限60万円/月
  • 個人事業主:上限30万円/月
8月~10月

申請手続き等

申請前に申請要領を必ずご確認ください

申請要領(酒類販売事業者用) ダウンロード(PDF)

申請書類整理表を見る(酒類販売事業者用)

今回初めて
申請する方
これまで
月次支援金を
申請した事ことが
ある方
売上減少が2か月連続
15%以上30%未満の方
(対象月:8・9月分)
共通
初めて 5~7月分
(30%以上減少)に
申請したことがある
保存資料
(申請者の手元に保管)
1 申請書兼申請状況報告書
2 誓約書
3 基準年(2021年)の対象月間売上台帳の写し 対象月とその前月2か月分 対象月とその前月2か月分
4 取引状況申告書
5 確定申告書類
①中小法人
  • 確定申告書別表一の写し
  • 法人事業概況説明書の写し
②個人事業者
  • 確定申告書第一表の写し
  • 所得税青色申告決算書の写し(青色申告者のみ)
6 個人事業の開業・廃業等届出書の写し (個人事業者) (個人事業者)
7 本人確認書類の写し (個人事業者) (個人事業者)
8 履歴事項全部証明書の写し (中小法人) (中小法人)
9 通帳(振込先)の写し
10 比較年(2019年又は2020年)の対象月間売上台帳の写し
11 取引証拠書類(請求書、領収書等)
12 通帳(取引を記録)
  • 上記表において提出書類を簡略化できる場合であっても、「既存の提出書類に修正、追加の必要がある場合」には改めての修正書類・追加書類の提出が必要になります。

申請方法

申請方法は、郵送申請のみとなります。
※新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、窓口での申請は受け付けておりません。

郵送申請

下記宛先まで、申請書類一式を郵送ください。

〒730-0031
広島県広島市中区紙屋町2-2-2 
紙屋町ビル6階

頑張る中小事業者月次支援金センター 宛

  • 切手を貼付けのうえ、裏面には差出人の住所、氏名を必ずご記載ください。
  • 日曜日や祝日も配達されて、配達状況の追跡が可能な簡易書留による提出をお願いします。
  • やむを得ず普通郵便で提出される方は、料金不足にご注意ください。不足があった場合は返送されますので、投函前に十分ご確認ください。

各申請書類ダウンロード

※10月分の申請書類兼申請状況報告書は、現在準備中です。

申請書兼申請状況報告書

誓約書

取引状況申告書

個人事業の開業・廃業等届出書についての申告書

すべてのデータをまとめてダウンロードする(zip)

MENU

トップページへ戻る

ページ上部へ
戻る